宇部市で目立たない入れ歯・ノンクラスプデンチャーなら

〒755-0011 山口県宇部市昭和町4丁目1-17/駐車場24台分

診療時間
9:00~12:00 ×
14:00~18:00 × ×

△:8:30~13:00/休診日:日曜・祝日

入れ歯安定剤を使用しない方がいい理由

入れ歯をしていると、うまく合わずにかたついてしまうことがあります。

そのような場合には歯科医院で調整することが望ましいのですが、難しい場合には入れ歯安定剤を使用することもあるでしょう。

ただ、入れ歯安定剤にはデメリットもありますので、ご紹介します。

 

【入れ歯安定剤とは?】

 クリームタイプや粉末タイプなどいくつか種類があり、入れ歯が安定しない時に使用して、安定させるものです。

 

【入れ歯安定剤は清掃しにくい】

 入れ歯安定剤は、入れ歯と歯ぐきとのすき間を密着させて、歯ぐきに安定させる性質上、粘着性があり、入れ歯に取り残しやすくこびりついてしまうことがあります。

 そして、その部分に汚れがつきやすく、不衛生になりやすいのです。

 また、自分では除去しにくいので、そのままになってしまう場合や、その上から粘着剤を使用することで、入れ歯が正しい位置にこないこともあります。

 

【細菌が繁殖しやすくなることがある】

 ただでさえ高齢の方は唾液が減少しやすい『ドライマウス』の傾向にあるのですが、入れ歯安定剤の中には水分を吸収して接着するものもあるので、更に口の中が乾燥しやすくなります。

 口の中が乾燥すると、細菌が増殖しやすい環境になり、歯周病のリスクを増やすほかにも誤嚥性肺炎のリスクを高くしてしまいます。

 

【適切なかみ合わせにならない可能性がある】

 口の中は髪の毛が1本入っても分かる繊細な所なのですが、自分で入れ歯安定剤によってかみ合わせを決めると、適切なかみ合わせにならず、バランスが崩れてしまうことがあります。

 そのため、入れ歯が合わなくなった場合には歯科医院で調整をして入れ歯がしっかり安定する様にすることが大切です。

 合わない入れ歯を使い続けると、正しい刺激が伝わらず、入れ歯を支える骨の部分が早く痩せてしまう原因にもなります。

 この部分が痩せてしまうと安定性も少なくなるので、ぴったり合った入れ歯を使用することが重要です。

 入れ歯安定剤はどうしても通院が難しい場合に一時的に使用するものを考え、入れ歯が合わないと感じた場合には歯科医院で補修しましょう。

 

入れ歯治療をご検討中の方へ

入れ歯作製へのこだわり、チーム医療など、当院の入れ歯治療の特徴についてご説明します。

当院がオススメする、見た目が自然な入れ歯についてご紹介。それぞれの特徴や料金も掲載しています。

ご来院、治療から入れ歯の完成、そしてメインテナンスまで、入れ歯治療の流れをご説明します。

安心してお悩みをお話しいただき、治療を受けてもらえるように、院内環境を整えています。

入れ歯治療について、よくいただくご質問と回答をご紹介しています。ぜひ参考になさってください。

ご予約はこちら

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

0836-31-5060

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

午前:9:00~12:00
午後:14:00~18:00
△:土曜は8:30~13:00
休診日:日曜・祝日

0836-31-5060

〒755-0011
山口県宇部市昭和町4丁目1-17
駐車場24台分