宇部市で目立たない入れ歯・ノンクラスプデンチャーなら

〒755-0011 山口県宇部市昭和町4丁目1-17/駐車場24台分

診療時間
9:00~12:00 ×
14:00~18:00 × ×

△:8:30~13:00/休診日:日曜・祝日

入れ歯を使うことでの負担

歯を失った部分を補う入れ歯ですが、どの治療にもデメリットは存在します。

そこで今回は入れ歯を使うことでの負担についてご紹介します。

 

・部分入れ歯の場合、他の歯に負担をかける

保険の入れ歯の場合に部分入れ歯は、歯がない両隣の歯を支えにして、使用します。(ばねをかけます。)

そのため、入れ歯を支えている歯は歯を失った部分の負担もかかってしまい、歯を失うリスクを増やしてしまいます。

 

・入れ歯が大きくなればなるほど違和感を覚える

 歯を失った本数が多くなると、入れ歯の面積が大きくなります。

 入れ歯が大きくなればなるほど、安定感が少なくなります。

 そのため以前に比べて違和感を覚えやすくなります。

 

・自分の歯に比べるとかむ力が劣る

入れ歯は取り外し式なので、固定式のブリッジや自分の歯に比べると安定感が少なく、かむ力が劣ることがあります。

かむ力を上げるためには、固定式のマグネットデンチャ―やインプラントをするとかむ力が上がります。

 

・適合が悪いと痛みが出る原因になる

入れ歯は適合が悪いと、入れ歯と歯ぐきの間に汚れが入り込みやすくなります。

そのままかみ続けてしまうと、歯ぐきが傷つきやすくなり、痛みの原因になります。

また、ぴったり合っていない入れ歯はかたついて、本来なら当たらない部分に当たってしまい、痛みの原因になることがあります。

 

・寝る時に外すことが推奨されている

就寝中は、歯ぐきを休ませてあげる意味や、入れ歯の汚れを落とし、入れ歯用洗浄剤を使用して消毒するためにも外すことが望ましいとされています。

 その場合、家族の人に入れ歯がない口元を見られることがあり、そのことが負担になる方もいます。

 また、友人と旅行に行く際なども寝る時の入れ歯のことが気になってしまうという方も少なくありません。

 ただ、寝る時は唾液が少なくなり、口の中で細菌が発生しやすくなってしまうので、入れ歯をつけたままだと口の中の環境が悪化します。

そのため、寝る時には入れ歯をきちんと外して清掃することがとても重要です。

 

入れ歯治療をご検討中の方へ

入れ歯作製へのこだわり、チーム医療など、当院の入れ歯治療の特徴についてご説明します。

当院がオススメする、見た目が自然な入れ歯についてご紹介。それぞれの特徴や料金も掲載しています。

ご来院、治療から入れ歯の完成、そしてメインテナンスまで、入れ歯治療の流れをご説明します。

安心してお悩みをお話しいただき、治療を受けてもらえるように、院内環境を整えています。

入れ歯治療について、よくいただくご質問と回答をご紹介しています。ぜひ参考になさってください。

ご予約はこちら

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

0836-31-5060

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

午前:9:00~12:00
午後:14:00~18:00
△:土曜は8:30~13:00
休診日:日曜・祝日

0836-31-5060

〒755-0011
山口県宇部市昭和町4丁目1-17
駐車場24台分